冷え取り靴下では絹で作られたもの

現在衣類の多くは綿が使われています。その他では化学繊維などが使われています。綿は栽培されて作られますが、ある程度安定供給されているのでそれほど高くありません。化学繊維は石油から作られる繊維でこちらも大量生産されれば価格が安定しています。古くから使われている繊維として絹があります。蚕がまゆを作るときに出す糸が元になっています。養蚕農家によって生産されていますが綿のように大量には採取することができません。非常に高級な繊維になっています。そして高機能とされています。冷え取り靴下を選ぶときには絹が原材料に使われているものを選ぶことがあります。絹の特性として水分が蒸発しやすいことがあります。足は汗をかきやすく、それによって冷えてしまうことがあります。絹製なら汗をすぐに蒸発させてくれます。絹そのものも温かい生地なので冷えとりが行えます。

冷え取り靴下の素材としてウール

ニュージーランドは羊の国として知られています。人の数よりも羊の数の方が多いといわれるくらい羊が多いとされています。羊毛の生産が盛んで、ウール製品の源になっています。温かい衣類の材料としてウール製品はよく見られます。冷え取り靴下の素材としてはウールを使ったものを選ぶとよいかもしれません。コートなどでは非常に高級な素材として知られています。そのために100パーセントのものはかなり高くなります。50パーセント程度のものを購入する人もいるかもしれません。靴下であれば高級素材と言ってもそれほどの量を使いませんから価格も抑えられます。一般的な靴下に比べると高いと感じることもありますが気になるほどの高さではないでしょう。一度試してみて効果があるようなら使ってみましょう。自分にとって費用対効果が得られるかどうかで決めます。

冷え取り靴下では5本指タイプを選ぶ

一般的な靴下は入れる部分が一つです。そして一つの部分に指をすべて収めます。するとどうなるかですが、外から見ると足がすべて覆われているように見えます。しかし中では指同士がくっついています。すると汗をかきやすくなります。汗は高くなった熱を下げる役割を持っています。しかし必要以上に熱を下げてしまうと冷える原因になることがあります。冷え取り靴下として利用したいのは5本指タイプの靴下です。これは指を入れる部分がそれぞれ分かれています。手袋のようになっています。履くときは普通の靴下をはくときよりも面倒です。すぐに指がきれいに入るわけではありません。しかし履いた後の快適さは一般的な靴下とは比べ物になりません。指同士がくっつかず、かいた汗はすぐに生地の方に伝わってそのあと乾燥してくれます。濡れた状態にならないので、冷えにくくなります。