冷え取り靴下として何枚も重ねて履く

寒い冬に洋服をどのように着るかがあります。夏ならTシャツ1枚でも十分過ごせます。しかし冬は非常に暑いです。ですからどんどん洋服を着ます。寒いと感じなくなるまで着ることがあります。あまり着すぎると服で体が動かしにくくなることがあります。冷え取り靴下としてどのように履いていくかがあります。効果のあるものを1枚履く方法もあります。でも高価な場合はなかなか購入することができないことがあります。そこで重ね履きをします。まず1足履いて寒いと感じたらもう1足履きます。そして寒さを感じなくなるまで履きます。注意として自宅にいるときと外出するときでは枚数を加減する必要があります。自宅にいるときはその時の感覚でどんどん重ねても問題ありません。外出するときは歩いているうちに徐々に温かくなります。暑すぎて汗が出て冷えてしまうことがあります。少し寒いぐらいでやめておく必要があります。

冷え取り靴下ではふくらはぎのみをカバーするタイプ

女性がジャスダンスをするときに足元に着用する衣類にレッグウォーマーと呼ばれるものがあります。靴下のように足先からどんどん入れていきます。しかし足先でストップしません。筒状になっているので足をすべて出すことができます。レッグウォーマーはその名の通り足、特にふくらはぎを温めるための衣類です。冷え取り靴下としてレッグウォーマーを利用することがあります。寝ているときにも利用するとよいとされています。実は寝ているときは一般的な靴下はよくないとされます。一般的な靴下だと足先が蒸れやすくなります。そのために冷えやすくなります。レッグウォーマタイプだとふくらはぎのみをカバーするので足先は何もはかない状態です。最初は少し寒さを感じますが、そのうちそれほど寒くなくなります。ふくらはぎの血行が良くなり、その血流が足先まで来てくれるからでしょう。

冷え取り靴下はポンプ機能がある靴下

血液は心臓から送られます。基本的にはその力で全身に回り戻ってくるとされます。でもそれだけでは戻りにくい部分があります。それは足先です。そこで足のふくらはぎの静脈には弁がついています。それによって逆流しにくくなっています。さらにふくらはぎの筋肉は心臓に血液を戻す作用があります。そのことから足、特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれることがあります。いわばポンプのような機能を持っているとされています。冷え取り靴下としては第二の心臓であるふくらはぎの作用をより高めやすいタイプを使うようにします。普通の靴下は特に意識もなく編まれています。落ちないようになっているだけです。一方冷え取りタイプは編み方に段差が加えられています。強く編まれているところと弱く編まれているところがあります。交互になっていることによってポンプ機能がより起こりやすい、足を使っていなくてもポンプ機能が使えるようになります。