女性用の靴に対応した冷え取り靴下

男性はビジネスシューズを履くときはかかとの上あたりまでの靴下をはきます。女性は仕事の時などはあまり靴下を履かない人が多いです。最近はハイソックスなどでも違和感がない場合がありますが、靴などから靴下が見えると違和感を感じることがあります。女性のための冷え取り靴下としてあるのが履いているかどうかわからないタイプの靴下です。ヒールタイプの靴は素足やストッキングをはいて履きます。そうすることで美しく見えます。靴下が見えてしまうとそれが台無しになります。女性のための靴下は足の指からかかとを少しカバーする程度です。足の甲も覆っていません。そのために履いているかどうかわかりません。でも履いているので温かさを感じることができます。冷え対策以外にもおしゃれなタイプなどもあります。靴によってタイプを選べば見た目もよくなるでしょう。

冷え取り靴下に足つぼを適度に押すタイプ

健康サンダル、健康スリッパと呼ばれるものがあります。履く部分に突起がついていてそれが足裏を刺激してくれます。冬には出して履いて歩いていると次第にぽかぽかしてくるのがわかります。血行が良くなっているからでしょう。あまり長く履き続けるのはよくないとされます。足裏をツボで刺激するのは東洋医学の面からも有効とされています。しかしずっとその状態を続けると体に異常をきたすことがあるようです。適度な刺激であれば効果があるので、やりすぎないように利用するとよいかもしれません。冷え取り靴下としてあるのは足つぼを適度に押すタイプです。足裏が接する部分に薄い粒粒が取り付けられています。これがちょっとした刺激を与えてくれます。健康サンダルほど強い刺激ではないので一日履き続けたとしても問題はありません。体調によって履くときを考える必要があるでしょう。

冷え取り靴下の重ね履きは素材と順序を考える

足先が冷たいときには靴下を重ね履きするとよいとされます。単純に外気の影響を受けにくくなるので冷たさを感じにくくなります。しかし何も考えずにただ履くだけだと効果がない、逆効果になることがあるので注意しないといけません。冷え取り靴下を重ね履きするときの注意としては素材と順序を考えることです。まず素足に履くのが絹製の5本指タイプです。絹製は肌に最も優しくなります。5本指なので足の指同士がくっつきません。快適に履き続けることができます。絹製の上に履くのは綿かウールの5本指です。絹だけでは温かさが足りないときに綿やウールで温かさを追加します。そしてその上に一般的な靴下を履きます。絹の5本指の上に通常タイプのものを履いても構いません。もっと寒いと感じるときはもう少し重ねていきます。あまり重ねすぎないように注意します。